株式会社信和技研

お客様から信和技研へ寄せられるパーツフィーダーに関する様々な質問や
アクシデントの対処法、専門用語等をQ&A形式でまとめました。

FAQ

トップ > FAQ

FAQ

信和技研でパーツフィーダーをお求め頂く際にお客様からよくいただくご質問をQ&A形式でまとめました。
パーツフィーダーについての基礎知識や各部名称とその働き、動作原理につきましては「パーツフィーダーとは」ページをご覧下さい。

パーツフィーダーのご購入について

購入を検討していますが、パーツフィーダーにあまり詳しくないのですが・・・
株式会社信和技研ではパーツフィーダーについて詳しくないお客様のサポートをさせていただきますので不明点等ございましたら、お気軽にお尋ね下さい。
お見積りや質問・相談は無料でしょうか?
パーツフィーダーに対するご質問やお見積り・ご相談等は無料にてご対応させていただきます。基本的に受発注契約を結ばせて頂くまでは料金はいただいておりません。
パーツフィーダーが必要なのですが予算が・・・
信和技研ではお客様のご要望に合わせたパーツフィーダーを制作しております。ご予算に余裕が無い場合には機能を絞ったり、信和技研でストックしている中古のパーツフィーダーやお客様がお持ちのパーツフィーダーを改造する事でお値段を抑える事が可能です。
パーツフィーダーの値段を知りたいのですが・・・
お客様のご要望により同じ型のパーツフィーダーでも値段が大きく上下いたします。ワークの状態や簡単な仕様をお伝えいただければ、だいたいのお値段をご提示させていただきます。詳細なお値段に関してはさらに詳しい情報をお聞きしてお見積りを出させていただきます。

ページ上部へ ▲

パーツフィーダーの故障・アクシデントに対する対処に関して

パーツフィーダーの静電気対策
振動しているボール内でワーク同士が接触し擦れた際に静電気が起こります。この静電気のためにワークが詰まってしまい整列・搬出・搬送が正しく行えない可能性が出てきます。
静電気を防ぎ正しい動作を保つためにパーツフィーダーに静電気除去装置(除電装置)を設置する必要があります。
(静電気対策パーツフィーダーの例です)
ただし、注意していただきたいのは静電気対策をしたからと言って100%静電気を取り除けるわけではありません。正確に言うと「パーツフィーダーがなるべく静電気の影響を受けないようにする」対策になります。
パーツフィーダーの騒音対策
パーツフィーダーの騒音はワーク(部品)をボールに補充した際にぶつかり合う事で発生します。その為、騒音を防ぐ為にボールの内側をウレタン等の衝撃を吸収する素材で表面処理(コーティング)して対策いたします。ウレタンにも様々な種類がありますが、整列させるワークの特性に合わせて選定いたします。
また、パーツフィーダーの全面を防音カバーで覆うタイプの防音対策もございます。
チョコ停に対する対策
チョコ停とは「ちょこっと停止」の略で故障や大規模なトラブルではなく、作業員が簡単に解決出来る問題を言います。しかし簡単に解決出来るとはいえ頻繁にチョコ停が起こってしまうと復帰のために作業員がパーツフィーダーに張り付いていないといけないので作業効率が落ちてしまいます。
チョコ停対策としましてはパーツフィーダーの仕組み、特にアタッチメントを複雑な仕組みにせずなるべくシンプルな構造にする必要があります。
詰まり
ボールの中のワーク同士が絡まってしまい整列されずシュートに流れて行かない現象です。ワーク同士が絡まってしまう要因としましてはワークに出っ張りがあり引っかかりやすい等の形状的な問題と静電気によりお互いがくっついてしまう状態があります。
滑りが悪い
ボール内のワークは振動によりシュート方面へ滑るように移動し整列されます。しかし、主に油等のワークの付着物やワークの形状的な問題によりワークがボールにくっついてしまい振動を与えてもシュートの方面へ流れて行かない状態が起こります。この状態を滑りが悪いと呼びます。

ページ上部へ ▲

パーツフィーダーに関する専門用語

ワーク
パーツフィーダーで整列させる対象物の事を指します。ワークの他にも「部品」「部材」等とも呼ばれます。
切り出し
ボールからシュートを経て大量に流れてくるワークを排出して次の作業工程(検査・組み立て・包装・カウント等)の機械に渡す際に作業がやりやすいようにワークを一個ずつに区分けする機能の事を言います。
(切り出し機工付きパーツフィーダーの例です)
位置決め
位置決めとはパーツフィーダーの次の工程の機械が取りやすいように流れてくるワークをシュートの先端で一旦止めておく(ホールド)状態を指します。
ワークを一旦切り出してから位置決めする形もポピュラーです。
タクト (マシンタクト)
タクトとはパーツフィーダーの稼働時間を排出したワークの数で割ることで算出される数字です。
つまり(マシン)タクト=一個のワークが排出される時間になります。
ツーリング (アタッチメント)
ワークが振動できちんと整列されるようにボールに対して様々な仕掛けや表面処理を施す事を言います。ワークの特性に適応させ、お客様がご希望の達成率や稼働率を満たせるように様々な工夫・加工が必要となりパーツフィーダー製作の中でも最も知識と経験を必要とする部分です。

ページ上部へ ▲

お電話でのお問合せは047-406-6121へ

本社工場 [地図]

東京都武蔵村山市残堀1-113-1

TEL : 042-520-8295
FAX : 042-520-8296

営業所 [地図] [E-mail]

千葉県 船橋市 行田 1-30-29

TEL : 047-406-6121
FAX : 047-407-4026

Copyright(c) 2011 Corp Shinwagiken All rights reserved.