株式会社信和技研

カメラを使った画像処理で全自動検査を行う画像処理検査装置付き
パーツフィーダーのメリットや各部名称とその働き等をご紹介いたします。

画像処理検査装置とは

トップ > 画像処理検査装置とは

画像処理検査装置とは

カメラによる画像処理検査とは

画像処理検査とはカメラによる画像処理によりワークの傷や汚れの「検査」やワークの状態(裏表や位置)の「判定」を行います。
これまでワークに対する様々な「検査」や「判定」に関しては作業者の手作業に負う所が大きかったのですが、画像処理検査装置で機械化・自動化することで作業のスピードと精度を上げることが可能になり、検査の質の向上にもつながります。
画像処理検査装置に興味はあるが価格が心配というお客様、信和技研ではこれまでのノウハウを活かして極力値段を抑えた製品づくりに努めていますので是非一度ご相談ください。

信和技研の制作実績は製品案内(画像処理検査装置)でご覧いただけます。

画像処理検査装置付きパーツフィーダー

画像処理検査装置の一例です。(蛍光灯口金端子バリ取りピンカシメ機)


画像処理検査装置付きパーツフィーダーのメリット

作業時間の短縮

画像処理検査装置を積んだパーツフィーダーはワークの整列・排出と平行作業でチェック作業を行いますので作業時間の短縮につながりより多くの作業を消化できます。

人件費削減・コストカット

検査の工程を機械化・自動化することで作業員がつきっきりでいる必要がなくなり他の作業を行うことが可能になります。

装置の一体化・小型化

画像処理検査装置をパーツフィーダーに組み込むことで装置全体の大きさをコンパクトにでき工場においての設備の設置スペースを節約できます。

作業効率・生産性の向上

画像処理検査装置で自動化された検査作業はスピィーディーで正確ですので手作業による検査作業に比べ、より多くのワークを高い精度で処理することが可能になります。


画像処理検査装置の作業の流れ

画像処理検査装置の一例で蛍光灯口金の組立から検査までを一括で行う「蛍光灯口金端子バリ取りピンカシメ機」の一連の作業の流れをご紹介いたします。

画像処理検査装置の作業の流れ

STG-01ワーク供給パーツフィーダーから整列したワーク(蛍光灯口金)が供給されます。
STG-02内側バリ取り蛍光灯口金の内側にコーティングされた樹脂製のバリを取り除きます。
STG-03裏面ゴミ取り蛍光灯口金の裏側に付着しているゴミを取り除きます。 
STG-04予備新たな機能追加を想定している予備のインデックススペースです。 
STG-05ワーク表裏反転次の工程の穴抜き加工のためにワークの向きを反転します。
STG-06穴抜き蛍光灯口金の中心に端子を差し込むためのピン穴を空けます。
STG-07外側バリ取り蛍光灯口金の外側にコーティングされた樹脂のバリを取り除きます。
STG-08外側ゴミ取り蛍光灯口金の外側に付着しているゴミを取り除きます。
STG-09ピン供給カシメパーツフィーダーから供給された端子を穴の空いた蛍光灯口金にカシメます。
STG-10外側カメラ検査端子をカシメて完成した蛍光灯口金の外側を画像処理検査装置で検査します。
STG-11内側カメラ検査・表裏反転完成した蛍光灯口金をカメラでチェックし表裏を反転します。
STG-12ワーク振分排出検査した蛍光灯口金を良品と不良品で別々の排出口へ振り分けます。 

画像処理検査装置の各部名称とその働き

蛍光灯口金端子バリ取りピンカシメ機を例に画像処理検査装置の各部装置の名称とその働き・役割をご紹介いたします。

画像処理検査装置の各部名称とその働き

画像処理検査装置

画像処理検査装置

カメラを使った画像処理検査でワークである蛍光灯口金の所定の位置に1Φの穴が正確にあいているかどうかチェックいたします。

残量検査センサー

残量検査センサー

パーツフィーダーのボール内のワークが減少してきたらセンサーが検知してホッパーから自動的にワークを追加いたします。

不良品/良品振り分けシュート

不良品/良品振り分けシュート

カメラを使った画像処理検査装置で良品ワークと問題が見つかった不良品ワークをそれぞれ別の容器に振り分けて排出いたします。

パーツフィーダー

パーツフィーダー

ワーク(蛍光灯口金・端子)を振動の力を使って組立てやすいように一定の姿勢に整列させて組み立て機へと供給いたします。


画像処理検査装置 ( 装置の詳細 / 製品案内 )


ページ上部へ ▲

お電話でのお問合せは047-406-6121へ

本社工場 [地図]

東京都武蔵村山市残堀1-113-1

TEL : 042-520-8295
FAX : 042-520-8296

営業所 [地図] [E-mail]

千葉県 船橋市 行田 1-30-29

TEL : 047-406-6121
FAX : 047-407-4026

Copyright(c) 2011 Corp Shinwagiken All rights reserved.