お問合せはこちら

パーツフィーダーの信和技研

製品実績
「植込みボルト用」

製品実績イメージ

植込みボルト用

植込みボルトの型状をセンサーで前後選別しカムテーブルに入れ込むまでの工程を行うパーツフィーダーです。 ワークであるボルトの重量が重いので本来高い位置にあるホッパーを組み上げ式にして低い位置にすることで作業者が行うワークの補充作業の負担を減らしました。
ワークの選別は姿落としとしてセンサー選別のダブルチェックを採用しました。 又、ワークに油が付着しているためボウル内部に対策を施しております。

  • 製造日
    2015年03月26日
  • ワーク
    自動車用植込みボルト
  • 供給能力
    30個 / 分 (1列出し)
  • 電源
    単相 AC200V 50Hz / 60Hz兼用
  • オーバーフロー検知
    センサー
  • 達成率
    99.95%
  • ホッパー補充口
    振動式ホッパーに比べて設置位置を低くする事が可能なのでワークを補充する際の作業者の負担を軽減します。
  • ワーク搬送リフト
    センサーにより検出された定量のワークをホッパーからボウルまで運んで投入する為のリフトです。
  • ホッパーからボウルへ
    ボウル内面にゴムシートを貼ることによってワークの落下時のダメージと騒音を軽減する対策をしております。
  • 前後選別センサー
    ワークであるボルトの前後選別を整列・排出と同時にセンサーを使って最終的に検査いたします。
  • 残量検出センサー
    シュート内にあるワークの残量をセンサーで検出して残量が多い場合にはボウルの振動を停止させます。
  • 透明ホース
    排出されるワークの状況を見て確認出来るようにシュート先端部には透明ホースを使用いたしました。
植込みボルト用

お問合せ

ページトップへ